セラピストの方へ
介護アロマのスキルを習得して
スキルアップしてみませんか!

セラピストの方へ
こんなお悩みはありませんか?

【1】歳を重ねていく上で、今の仕事が継続できるか不安。経験が武器になる仕事がしたい。
【2】親の介護が不安。親の介護にも活かせて、その介護経験を活かせる仕事がしたい。
【3】今のスキルだけだと将来が不安、新しい資格にチャレンジをして収入につなげたい。
【4】アロマを介護に役立てたいけど、疾患がある方に使うのに不安がある。
   ご高齢者や介護現場特有の知識やスキル不足を解消して、自信を持って活動したい。
【5】介護(看護)の仕事をしているが、今のケアに限界を感じやりがいを見失っている。
   心身の苦痛の緩和につながるスキルを身につけて、仕事に活かしたい。
【6】他のスクールで施術を学んだが、活動場所を見つけられず活かせていない。
   介護現場への活動場所の開拓方法を学び、実践したい。

私たちが全て解決します!

実践で使えて高齢者に喜ばれる介護アロマ資格

介護業界で最も新しい仕事、介護アロマを仕事にしてみませんか。
介護やアロマの知識は不要、未経験から社会貢献できて収入も実現。

介護アロマのスキルを習得するメリット

【1】介護現場で実施するための安心・安全な施術を学べる
医療の知識とアロマの知識とをしっかり学べ、リアル講座で体得してから現場に出られるので、自信を持って安心・安全な施術を提供できます。

【2】資格取得まで手厚いサポートが受けられる
通信講座だけのように、途中で挫折してしまいがちな孤独感がなく、個別に相談できる環境が整っています。資格取得後も適宜サポートが受けられます。

【3】現役講師から実践的な最新情報が得られる
看護師歴約30年の現役セラピストから、介護現場の経験と知識、また学会や専門誌で発表された最新情報が豊富に学べます。

【4】介護現場と想定した演習環境がある
サロンなどでトリートメントをする時は、施術用ベッドを使用します。しかし介護現場では、介護ベッドや就寝用のベッドが使われることが多いです。幅や長さが広く、対象者の方が小柄な場合は、中央に寝て頂くと施術しづらい場合もあります。また車椅子に乗ったまま施術をすることもあります。ボディートリートメントの演習では、実際の介護ベッドを使用し、相手も施術者も安楽に施術できる体位を学びます。そのことで現場でスムーズに対応できます。

【5】忙しい介護現場でも活用しやすいメソッド
介護(看護)スタッフが日常業務の一環として取り入れようとする場合は、数分の時間しか取れない場合も多いです。手順の回数や姿勢を工夫することで、「入浴後に」「更衣の時に」など、日常業務と一緒に、また業務のすき間で出来る方法を学ぶことができます。

【6】資格取得後の活動場所を作り出すためのプログラムがある
資格を取得しても、求人情報が沢山ある業界ではないのが現状です。だからこそ「0から1を作りだす」ためのノウハウが必要です。(ベーシック、アドバンス資格取得後に学ぶことができる)スペシャルコースでは、活動場所の開拓方法を学んで頂き、個別コンサルを重ねながら在学中から実践していきます。「魚」をもらうのではなく、「魚の釣り方を学ぶ」ことにより、スペシャルコース卒業後に活動を継続していけるようサポートしていきます。

<私たちが選ばれる理由>

<選ばれる理由>

アロマセラピーやフットケアの理論と実践法を総合的に学べるカリキュラム

アロマセラピーやフットケアそのものの知識だけでなく、
現場で実践する上で必要な知識やノウハウ(疾患について、施術時に必要な介護技術について、活動を広げる方法についてなど)
を総合的に学べるカリキュラムです。

【1】動画教材+オンライン講座+リアル講座のいいところどりをした「ハイブリット講座」
「時間がない」でも「通信教育だと続けられるか不安」、そのような方でも受講できるプログラムになっています。 座学は
①動画教材ですき間の時間で学び
②オンライン講座(月1回ほど)で知識を現場でどう生かすかのアドバイスなどを得ることが可能です。
また実技に関しては
①「動画教材」で手順やポイントを学び
②自主練習し動画提出することで、講師より改善点のアドバイスを得られ 
③リアル講座で、微妙な圧加減や手つきなどを習得することで 確実に身につけることが可能です。   

【2】実践に結びついた「解剖生理学」や「疾患」についての教材を提供
難しいと敬遠されがちな「解剖生理学」や「疾患」について施術と結び付けて簡潔にまとめてあります。せっかく学んでも、その知識が実践と結びついていなければ実際に活かし切れません。現場で接するご高齢者が患っていることが多い「認知症」「脳梗塞」「痛み」「浮腫」などの疾患や症状について、その概要と注意すべき点を効率よく学べる内容になっています。

【3】疾患や症状をふまえた精油の選び方を習得
現場でよく接する疾患(認知症、脳梗塞、痛み、浮腫など)の知識と、精油成分の期待されている効能を結びつけた、精油の選択方法を学びます。また対象者の情報から精油選択や現場で困らないことはもちろん、安心安全の精油の取り扱い方法を学べます。

【4】実践に即したアロマセラピーの施術方法、介護技術
ハンドトリートメントをする際は、「リラックス」が目的か「拘縮予防」が目的かで施術方法も異なりますので、2種類の施術を学びます。 またボディートリートメントをする際は、一般的にうつ伏せで施術することが多いですが、現場ではうつ伏せに慣れない方も多くいらっしゃるので、それ以外の体位での施術方法ができないと戸惑うことも多いです。スペシャルコースでは、車椅子やベッドの上でうつ伏せ以外の体位(側臥位(そくがい)・座位など)の施術方法を、実際の「介護ベッド」を使って学ぶことが可能です。また施術する際に最低限必要となってくる介護技術(麻痺側の更衣、仰臥位から側臥位などの体位変換方法など)も練習します。どんな場面でも、セラピストが安心して対応できるようカリキュラムを組んでおります。

【5】介護現場で活用しやすいフットケアの知識と技術
家族が行える基礎的なことから、専門外来で実践することまで、フットケアの知識や技術は幅広くありますが、その中で「介護現場」に特化した知識(フットトラブルを起こしやすい疾患ついてなど)と技術(足爪カット方法、テーピング、グラインダーなど)を効率よく学べます。

<研修の様子>

<介護の様子>

一般社団法人介護サポートセラピスト協会の介護
一般社団法人介護サポートセラピスト協会のフットケア
一般社団法人介護サポートセラピスト協会の介護

<お客様の声>

<お客様の声>

【お客様事例1】Aさん:(事務職、アロマ知識なし)
「介護アロマを実践するのが楽しみになりました。」 「介護アロマ」という言葉を聞いて、気になっていました。アロマの知識はなかったけれど、今後の仕事や、両親の介護のこともあり、挑戦してみました。 アロマは気になっていたけど、何から始めるか、どうやったら良いのかなど、漠然としていた悩みがありましたが、この講座に出会い、最初の一歩が踏み出せました。どれもわかりやすく解説されていたし、また医療的な専門知識も得られて、介護現場で実践するのが楽しみになりました!


お客様事例2】Hさん:(事務職、他のスクールでハンドトリートメントを学んだ経験あり)
  「活動場所を開拓することができました。」 以前他のアロマスクールでハンドトリートメントを学んだことはありましたが、実践する場所が見つけられず忘れかけていました。そんな時こちらの講座を知ることとなり、スペシャルコースで現場に即した体位の施術方法を学ぶことができ、実践のイメージが湧いてきました。また平行して、開拓するための資料作りをサポートしてもらい、勇気をもって施設にご提案に行ったところ、活動させてもらえるようになりました。ご高齢者の喜んでくれる姿を見て、やりがいを感じています。


お客様事例3】
Tさん:(介護士、独学でアロマを学んでいた) 

「高齢者だけでなく、私もリラックスできています。」 介護現場で働いていますが、痛みや浮腫に対して、何もできずに歯痒い思いをしていました。何かしたいとアロマを独学で学びましたが、なかなか実践できずにいました。この講座を学んで、安心して実践することができるようになりました。また、高齢者にアロマオイルを使うことで、私自身もリラックスでき、日常業務も、気持ちにゆとりを持ってできるようになりました。

介護サポートセラピスト
養成講座<概要>

【01】アロマセラピー

選べる3つのコース

【A】
ベーシック

(1)介護サポートアロマハンドセラピスト
・座学約6時間
・オンライン2時間
・リアル3~4時間

(2)介護サポートアロマフットセラピスト
・座学約6時間
・オンライン2時間
・リアル3~4時間

【B】
アドバンス

(1)介護サポートアロマハンドセラピスト
・座学約6時間
・オンライン2時間
・リアル3~4時間

(2)介護サポートアロマフットセラピスト
・座学約6時間
・オンライン2時間
・リアル3~4時間

【C】
スペシャリスト

介護サポートアロマスペシャリスト

・座学約10時間
・オンライン16時間
・リアル16時間
・個別orグループコンサル




さらに詳しくカリキュラムを見る>

【02】フットケア

(角質ケア、足爪カット、テーピング、グラインダーなど)

選べる3つのコース

【A】
ベーシック

介護サポートフットケアセラピスト

・座学約5時間
・オンライン2時間
・リアル3~4時間

【B】
アドバンス

介護サポートフットケアセラピスト

・座学約5時間
・オンライン2時間
・リアル3~4時間

【C】
スペシャリスト

介護サポートフットケアスペシャリスト

・座学約5時間
・オンライン16時間
・リアル16時間
・個別orグループコンサル

さらに詳しくカリキュラムを見る>

<サービスの申込から提供までの流れ>

【01】申込方法
お問合せフォームにご記入の上お申し込みください。
後日オンライン面談をさせていただきます。
ご希望や不明な点などをお伺いしご納得された上で、お申し込み手続きをさせていただきます。
無理な勧誘や押し売りなどは一切ございませんので、お気軽にお申し込みください。

【02】支払方法
申し込み後、クレジットカード・銀行振込

【03】サービス利用情報の提供方法
入金確認後、メールにてご案内

<申込特典>

協会発足記念キャンペーン中(限定人数に達し次第終了)

「介護サポートアロアスペシャリスト」コースについて
1、受講料割引特典あり!
2、試香用精油キット プレゼント!
3、自宅練習用のアロマブレンドオイル プレゼント!

<よくある質問>

<よくある質問>

Q1、介護やアロマの知識がないのですが、受講可能ですか?
A1、可能です。 介護やアロマの知識がない方が基礎から学んで頂ける内容になっていますので、ご安心下さい。

Q2、関東近郊以外からでも受講可能ですか?
A2、可能です。 ただし、横浜で開催予定の「リアル講座」に参加して頂く必要があります。今後横浜以外の開催も検討していますが、遠方の方は個別にお問合せ下さい。

Q3、パソコンがないと動画教材はみれませんか?
A3、スマホからもご覧いただけます。 ただし、動画教材を学んだのちにテストを提出する際に、パスワード設定がしてあるテキスト(word)を開いて記入する必要があります。(スマホで開けない可能性があります。)パソコンも併用して進めて頂けるとスムーズです。

Q4、実技の動画提出はどのようにすればいいですか?
A4、特別な機械は必要ありません。スマホで撮影→lineで提出が可能です スマホ用の三脚などを利用して5分程度の撮影し、受講スタート後に登録して頂く「受講生用公式line」にお送り頂くか、メールなどで送って頂くことも可能です。

Q5、卒業後にお仕事を紹介してもらえますか?
A5、仕事を「作る」方法を学んで頂きます。 まだ残念ながら、介護現場で「アロマセラピスト」「フットケアセラピスト」を求人している業界ではありません。そのために「自ら活動場所を開拓していく力」を身につけることで活動が広がっていきます。スペシャリストコースには「活動開拓のためのプラグラム」が組み込まれてます。講師が長年学んで実践してきたノウハウをお伝えし、それを一緒に実践していくことで、活動場所を獲得をサポートしていきます。現在活動している施設への見学(体験)は適宜可能です。また今後協会に仕事依頼があった場合は、卒業生へ優先的にお知らせしていきます。

Q6、協会の会員にはどうやったらなれるのですか?
Q6、協会が提供しているコースを学んで頂いた方は自動的に協会員になることができます。 「介護サポートアロマセラピスト」「介護サポートフットケアセラピスト」のコース(ベーシック、アドバンス、スペシャルいづれが一つのコース)の資格取得をされた方は、同時に会員登録をさせて頂きます(初年度は年会費無料)。次年度以降は継続ご希望の方は、年会費5000円/年をお支払い頂き、諸条件を満たして頂くことで継続可能です。

お問い合わせはこちらへ